お知らせ

klangfilm クラングフィルム KLL42006

2012.07.09
 KLL42006は戦前(1930年代後半)から使われたフィールドスピーカーです。口径は30センチ(12インチ)。スーツケース型のケースに組み込んで移動映画館に使用されたようです。そのほか様々な用途に使用されたようです。箱に入れられたり、平面バッフルに取り付けられたこともあるでしょう。いずれにせよ業務用なので、使用する側の要求に応じて納入されたと思います。

製造された数の上でもウェスタンとは比較にならないくらい少ないうえ、
都市部の多くが破壊された第2次大戦の戦火をまぬかれ、戦後の混乱期を生き残ったのですから、たいへん希少なものです。

今、映画の都というとアメリカのハリウッドですが、戦前ではドイツが映画の中心でした。戦前の傑作映画も多くはヨーロッパ映画です。クラングフィルム社はヨーロッパ圏に映画館用の機材、PAを供給していたのです。