オーディオ Audio

Siemens/シーメンス 2000 16mm 映写機用アンプ

Smfシリーズ

 シーメンス2000映写機はドイツでもっともよく販売されました。何千という映写機が学校や企業等に納められたようです。または移動映画館としてヨーロッパ各地で上映会等が開かれたのででょう。
 1950年代半ばから60年代半ばにかけて様々な仕様のものが作られました。使用されている真空管から技術の変遷も垣間見ることができます。

 スピーカーは20センチのフルレンジx2発、25センチ1発、25センチフルレンジにツイーターを加えた2way、35センチx1発のものが主に使われ、それらがアンプ、ケーブル、フィルムリールを納めることの出来るスーツケース型の箱にとりつけられていました。この箱もいくつかの仕様があります。

 16ミリ映写機用に使われるため、通常のパワーアンプとしての機能の他、トーンコントロール、マイク入力、光学・磁気ウンドトラック再生、さらには磁気録音機能(アフレコ)まで備えた機種まであります。

 これらの機能を備えながら、アンプの上には10キロを超える映写機を載せ、その重量と移動の際の振動等にも耐えられる丈夫さを持ち、約37x23x14cmというコンパクトなアルミのケースに収められています。

 これからご紹介するのは、オリジナルの機能を生かしつつ、オーディオアンプとしての性能を十分に満足する修理をほどこしたアンプです。
 

ご購入はこちら